教えて!めばえちゃん こどもの歯の応援室

横浜市個別委託
乳幼児健康診査
横浜市歯科医師会
ホームページはこちら

赤ちゃんのお口のお話し

指しゃぶりについて

指しゃぶりは大事

生まれてから1歳までの赤ちゃんは、目で見たものを手で掴み口に運ぶトレーニングをします。
これは「探索反射たんさくはんしゃ」と呼ばれます。
そして、くわえた指などを反射的に吸おうとするのは「吸啜反射きゅうてつはんしゃ」といいます。
これらをまとめて「哺乳反射」といいます。

この時期の指しゃぶりやおもちゃしゃぶりは口への刺激の取り込みとして大切で、お口周りの感覚を慣れさせて「歯磨きの導入」をスムーズにするためにも役立ちます。

 

3歳を過ぎても指しゃぶりをしていたら

幼児期後半では指しゃぶりが急激に減ります。
ですが、中には長く指しゃぶりを継続するこどもも少なくはありません。

長い間、指しゃぶりを続けると歯並びが悪くなってしまうことも。
上下の歯に隙間が見え始めたらかかりつけ歯科医院に相談してください。