教えて!めばえちゃん こどもの歯の応援室

横浜市歯科医師会
ホームページはこちら

むし歯のお話し

むし歯はどうしてできるの?

しっかりと歯ブラシをしましょう

歯磨きは何のためにするか知っていますか?
歯磨きの大きな目的は、もちろんむし歯を防ぐことです。

「そんなことは知っている」と思われるかもしれませんが、ではなぜむし歯ができるかは知っているでしょうか?

それを知ることで、どこをどのように磨けばむし歯ができにくくなるか、ということが理解できるようになります。

 

むし歯の原因について

むし歯の原因には、3つの要素があります。

01 歯の質

02 細菌(ミュータンス菌)

03 糖質(砂糖など)


この3つの要素が重なると、時間の経過とともにむし歯の発生へと繋がっていきます。
砂糖を取りすぎないようにするほか、効果的な方法で歯磨きをしましょう。
そしてフッ素もまたむし歯予防に効果的です。

 

01 歯の質

乳歯や、生えたばかりの永久歯は未成熟で歯の表面が粗く、汚れがつきやすくなっています。
そのため、むし歯になりやすいので注意が必要です。
また、エナメル質や象牙質の具合によっては、むし歯になりやすい人がいます。

 

02 細菌(ミュータンス菌)

ミュータンス菌は約0.001mmの大きさの菌で、プラークを形成して、歯の表面に付着します。
そして、作り出された酸により、歯のカルシウムやリンを溶かしてしまいます。

 

03 糖質(砂糖など)

糖質(砂糖など)は、ミュータンス菌が酸を作るための材料です。
お菓子をたくさん食べたり、ジュースをだらだら飲んだりしているこどもは、むし歯になりやすい状態になっています。

お口の中が綺麗な環境を保てるよう、しっかりと注意をしましょう。